できれば痛くない脱毛がいい!全身脱毛サロンって痛くない?

全身脱毛サロンで行われている脱毛の出術ですが、痛みが強く出てしまう、といった印象がありませんか。

 

確かに、刺激が強そうな印象も有るわけです。

 

痛みに強い方は良いかもしれませんが、痛みに弱い、といった方は刺激が強いのか弱いのか、といったことはどうしても気になってしまいます。

 

こちらでは、全身脱毛サロン利用時の痛み、といったことに注目します。

 

 

■全身脱毛サロンの痛みはどの程度なの?

 

・ゴムでお肌を弾く程度

 

強い痛みが発生する、といったことはありまえん。

 

多少の刺激が有ることは確かですが、ゴムを利用して、軽くお肌の上を弾く、といったイメージになります。

 

中には痛みを感じてしまう方もいますが、耐えられない、といった状態に有ることはありません。

 

中には刺激はあるけど痛みは感じない、といった方もいるほどなのです。

 

 

・痛かった場合にはどうすればよいの?

 

出力を下げてもらいましょう。光脱毛に関しては、出力をコントロールすることが出来ます。

 

たとえば痛みに強い足などを脱毛するときには出力を強くして、顔などの痛みに弱い部位は出力を弱くする、といったこともおすすめです。

 

部位によってコントロールしてもらうのです。

 

痛みがあった場合は、そのことをエステティシャンの方に必ず伝えて下さい。

 

出力を下げて施術してくれるはずです。

 

 

■痛みが特に強い脱毛方法って何?

 

・医療ニードル脱毛が痛い!

 

全身脱毛サロンでは行えないもので、美容クリニックなどで対応している施術方法です。

 

医療ニードル脱毛ですが、毛穴の一つ一つに針を通します。

 

そして毛穴の奥に向かって直接的に電流を流していくのです。

 

要は、毛母細胞などを焼き切るような脱毛方法です。効果は抜群に高い、といったメリットがあります。

 

一方で注意しておきたいのが、医療ニードル脱毛は圧倒的な痛さを誇る、といったものです。

 

全身脱毛サロンのような、ゴムを弾く程度のものではありません。

 

強い衝撃が走ってしまうほどです。

 

中には、医療ニードル脱毛を途中で断念してしまう、といったケースもあるほどです。

 

そもそも、毛穴の数だけ施術を行っていくことになります。

 

部位によっては数百回や数千回といった施術を受けることにもなりかねません。

 

そのたびに激痛が走るのであれば、途中で断念してしまう、といったことも理解できます。

 

 

・医療レーザー脱毛は痛いのか?

 

ニードル脱毛よりは痛みが少ないです。

 

しかし、やはり光脱毛と比べると痛いので、痛みに弱い方にはお勧めできません。




今人気の注目脱毛サロン実際行ってきました↓↓


全身脱毛女子