脱毛エステは肌荒れなどしないの?もししてしまった時の対処法

脱毛エステの脱毛は安全性が高い、といった事実があります。

 

しかし、誰にでも肌トラブルが起きない、とは言い切れません。

 

実際にお肌トラブルが発生してしまった事例もあるのです。

 

こちらではエステ脱毛を受けると、お肌がどのような状態になってしまうことがあるのか。

 

さらに肌トラブルが起きてしまったらどうすればよいのか、といったことをお教えします。

 

脱毛エステを利用しようか悩んでいる方は必見です。

 

 

■脱毛エステの脱毛で起こりうる肌トラブルとは?

 

・炎症(赤み)が発生してしまう
・乾燥状態になってしまう

 

脱毛エステで脱毛を受けると、最も起こりやすいのが炎症です。

 

光脱毛の光によってお肌が刺激を受けて炎症が起きてしまうのです。

 

また、毛根などが温められることによってお肌が熱を持ちやすい、といったケースもあります。

 

お肌が熱を持ってしまうと、赤くなって炎症を引き起こしてしまうことになります。

 

脱毛エステを受けてからお肌が乾燥しやすくなってしまう、といったケースも多く報告されています。

 

前述した赤みとも関係があるのですが、光脱毛はお肌に熱が加えられます。

 

そのことによってお肌の水分が逃げてしまうことがあるのです。

 

潤い成分がなくなったお肌は乾燥してしまいます。

 

その結果、カサカサの状態になってしまいます。

 

乾燥肌は、炎症を招くこともあります。

 

炎症と乾燥肌は密接に結びついているので、双方ともにしっかりとした対策をたてなければなりません。

 

 

■エステ脱毛で起きる肌トラブルの対策方法

 

・お肌をしっかりと冷やすこと

 

保冷剤などを用いて、施術した部位の皮膚をしっかりと冷やしてください。

 

お肌を冷やすことで、光脱毛によってもたらされた熱を抑えこむことが出来ます。

 

赤みが出てしまうようなリスクを低減させることができるのです。

 

水をつけるような方もいるかもしれませんが、水をお肌に長時間つけておくと、拭きとった時に逆に乾燥してしまうおそれがあるので、なるべく保冷剤の利用がおすすめです。

 

 

・保湿クリームや保湿作用のある化粧水を利用すること

 

光脱毛後の乾燥を抑えるために、保湿成分をお肌に補給することが必要です。

 

クリームや化粧水などを必ず利用してください。

 

当日は絶対に対処すべきですが、理想を言えば、翌日以降もしばらくは保湿対策を実施すべきです。

 

1週間程度はお肌の状態が不安定になる可能性があるので注意してください。




今人気の注目脱毛サロン実際行ってきました↓↓


全身脱毛女子