脱毛するのに安全なのはサロン脱毛と医療脱毛どっちなの?

脱毛するにあたり少しでも安全性の高いところを利用したい、といったことを思うケースもあると思います。

 

特にお肌にトラブルを抱えている方はなおさらです。

 

ニキビができやすかったり、敏感肌であったり、アトピーであったり、といった方は脱毛自体も受けられるのか悩んでしまいますよね。

 

こちらでは、サロン脱毛と医療脱毛のどちら安全性が高いのか、といったことについて解説します。

 

効果については圧倒的に医療脱毛が高いのですが、お肌への刺激、といった面ではどのような違いがあるのでしょうか。

 

 

■サロン脱毛のほうが刺激は少ない!

 

・サロン脱毛・・・痛みが少ない
・医療脱毛・・・痛みが大きい

 

痛みがあるから危険、痛みがないから安全、とは単純にはいえませんが、少なくても刺激には大きな違いがあることは確かです。

 

サロン脱毛は痛みが圧倒的に少ないです。

 

なぜ痛くないかといえば、お肌に対する刺激が少ないからです。

 

一方の、医療脱毛が強烈な痛みを発生させることがあります。

 

あまりの痛みで、施術が続けられない、といったケースまで報告されているのです。

 

ですから、医療脱毛のほうが刺激は強い、といったことが言えるのです。

 

 

・刺激の強さとお肌の関係性

 

刺激が強いことを行うと、まずお肌に炎症といったものが起こりやすくなります。

 

刺激を受けると赤みが出てきてしまうことがあります。

 

すぐに赤身が引けばよいのですが、中には色素沈着のような感じになって色が残ってしまうことがあります。

 

刺激が強い施術を受けると、のちのちまで症状が残り続けてしまうかもしれません。

 

注意しなければならないのです。

 

 

■問題が起こった時は医療脱毛のほうが適切な治療を受けられる

 

・皮膚の専門家が対応してくれる

 

脱毛の施術を行っているのはドクターです。

 

美容クリニックのドクターなので、皮膚は専門分野です。

 

その状況にあわせた治療を行ってくれるので、被害がそれほど広まらないうちに対処してくれます。

 

脱毛サロンに関しては、施術をしているのは一般のエステティシャンです。

 

医療系の資格を持っているわけではないので、医療機関のような適切な処置ができるとは限りません。

 

 

・サロンが医療機関と提携しているケースあり

 

最近の脱毛サロンは近隣のクリニックと提携しているケースもあります。

 

もしものときにはその医療機関で対処してもらえるので、サロンについても安心できる条件が揃ってきています。




今人気の注目脱毛サロン実際行ってきました↓↓


全身脱毛女子