痛みに弱い人でも脱毛できる脱毛法ってあるんですか?

脱毛には痛みがある、といった印象が非常に強いです。

 

特に医療脱毛に関しては、激痛を感じてしまう方が少なくありません。

 

医療レーザー脱毛や医療ニードル脱毛を受けようと思っていた方は要注意です。

 

こちらでは、痛みに弱い方におすすめの脱毛方法を紹介します。

 

どんな脱毛方法であれば痛みが出にくいのでしょうか。

 

 

■光脱毛であれば痛みが少ない!

 

・黒いものにしか反応しない特殊な光を利用した脱毛法

 

脱毛をする時に痛みを感じるか、それとも感じないか、といったことですが、お肌に与えられる刺激の量が関わっています。

 

刺激が強ければ、当然痛みとして感じてしまうのです。

 

脱毛サロンでよく実施されている光脱毛に関しては、刺激が圧倒的に少ないことが分かっています。

 

毛は黒いですよね。

 

その黒い色にしか反応しない光を利用して施術を実施しているのです。

 

お肌は肌色なのでその光は反応しません。

 

ですから、毛のある毛根にのみ強い作用を与えられるスグレモノなのです。

 

お肌の上にはほくろもあるので、その点が心配になってしまうかもしれません。

 

確かに、ほくろについてはそのままにしてあると、光脱毛の光が反応してしまいます。

 

しかし、一般的にはそのほくろの上にシールを貼って施術を実施するので心配はありません。

 

 

・光脱毛の注意点

 

日焼けは厳禁です。

 

お肌に色がついてしまい、メラニン色素が全体にあるような状態になってしまいます。

 

光脱毛の光が、肌自身にも反応してしまうことにより、炎症などの症状を起こしてしまう可能性があります。

 

脱毛の施術を受けるときは、日焼けは絶対にしないでください。

 

脱毛サロンに通う期間は長期化に及ぶこともあるので、その期間はUV対策を積極的に行うべきです。

 

 

■光脱毛でも痛みが出てしまった!どうすればよいの?

 

・出力を下げてもらおう

 

光脱毛は光を照射して脱毛を促します。

 

その光ですが、強さをコントロールできるのです。

 

強い光であれば、脱毛効果はより強くなりますが刺激も与えてしまいます。

 

一方で、弱い光であれば、脱毛効果は弱くなりますが、刺激が少なくなります。

 

痛みを感じた場合には、エステティシャンの方にお願いして出力を下げてもらってください。

 

脱毛効果が下がってしまうのは嫌かもしれませんが、お肌に問題が出て、のちのちまで悩みの種が残ってしまうよりマシですよ。

 

光脱毛をより安全に受ける方法は把握しておきましょう。

 

 

 

 

 

【脱毛し放題のある人気のサロンはこちら】

 

・キレイモ
キレイモの通いホーダイプランなら何度でも何年あけても通える永久会員制。
顔脱毛または光フェイシャルかを選べます。

 

 →詳しくはコチラ(キレイモへ)

 

 

・シースリー
月額定額で顔を含む全身一周が45分で完了。
脱毛品質保証書を発行してくれていつでも無償メンテができます。

 

 →詳しくはコチラ(シースリーへ)

 

 

・銀座カラー
支払いが終わってからも無期限で回数無制限の脱毛し放題。
1年で8回脱毛できます。

 

 →詳しくはコチラ(銀座カラーへ)




今人気の注目脱毛サロン実際行ってきました↓↓


全身脱毛女子