VIO脱毛したいけど【黒ずみ】色素沈着があっても脱毛できる?

VIO脱毛をしたいけど、色素沈着が起きてしまうといろいろと問題が発生してしまいます。

 

そもそも、黒ずみと脱毛の相性は良くないのです。

 

脱毛サロンの多くが採用している光脱毛ですが、特殊な光を利用しています。

 

黒いものに反応する特殊なライトを利用しているので、仮に黒ずみがあると皮膚に対して影響を与えかねません。

 

お肌が傷んでしまうかもしれないのです。

 

しかし、最近では技術も進み、脱毛器によっては黒ずみがあっても脱毛ができるような状況になり始めています。

 

こちらでは色素沈着があってもなぜ脱毛ができるようになったのか。

 

さらに、色素沈着があっても脱毛できるおすすめのサロンについて紹介します。

 

 

■どのような脱毛器であれば色素沈着があってもVIO脱毛ができるのか?

 

・サーミコン式脱毛器であれば黒ずみがあっても利用可能

 

サーミコン式脱毛器は、光脱毛器とは内容が大きく異なっています。

 

光脱毛器は、特殊な光を利用しており、黒い毛のみに対して影響を与えられるのです。

 

一方で、サーミコン式脱毛器は、全く異なった原理で脱毛を実施します。

 

サーミコンは熱線によって生み出されるネルのエネルギーを利用している脱毛方法です。

 

光ではなく熱を利用しているので、黒ずみに関しては心配がありません。

 

毛のみを熱で焼き切る、といったタイプになっているのです。

 

ただ、サーミコンに関しては、家庭用脱毛器がメインです。

 

脱毛サロンでは行われていることはほとんどありません。

 

サーミコン式脱毛器の効果は、基本的に除毛のみです。

 

お肌の上にある毛に対処するものであり、すぐに生えてきてしまいます。

 

脱毛効果を求める、といったことが難しく、VIO脱毛に適しているとは言い難いのです。

 

ちなみに、サーミコン式に関しては、お肌の炎症を加速させてしまう可能性も少なからずあるので十分に注意してください。

 

熱によっておお肌に大きなダメージが加わってしまい、黒ずみどころの話ではなくなってしまうかもしれません。

 

火傷を負ってしまうかもしれないのです。

 

特にVIOに関してはお肌が薄くなっておりダメージを受けやすい、といった特徴もあります。

 

利用には十分に気をつけなければなりません。

 

※サーミコン式脱毛器は、安価に手に入る、といたメリットが有ります。

 

簡単に毛を処理したい、といった場合には適しているので、ケースバイケースによっては利用がおすすめです。

 

 

・肌へのダメージを極力排除しているタイプの脱毛方法であれば施術可能

 

VIOに仮に黒ずみがあったとしても、お肌に対して優しいタイプの光脱毛であれば対処可能です。

 

熱や光といったものの影響を極力抑えた脱毛方法も実際にあるのです。

 

黒ずみに反応しにくいようじゃ状態になっているので、多少の色素沈着であれば十分にタイプ可能です。

 

そもそも、VIO脱毛に関しては、毛の太さもあり、実は施術の中ではかなり痛いタイプ、とされているのです。

 

仮に黒ずみがなかったとしても注意しなければならない部位です。

 

粘膜も近くにあり、仮に精気に損傷を与えてしまうようなことがあれば一大事ですよね。

 

最近注目されているのが、黒ずみがある方に対して行う美白ケア機能付きの脱毛方法です。

 

実はフォトフェイシャル、といた美肌系の施術で利用しているマシーンの機能があるのです。

 

その機能によって肌が影響を受けると、コラーゲンの生成が促進されます。

 

お肌本来の機能が回復していくことになるので、結果的に黒ずみが解消していくわけです。

 

そのフォトフェイシャルの機能を含んだ脱毛器も出てき始めました。

 

要は、脱毛の効果と美肌の効果が同時に得られてしまう、といった一挙両得な施術が受けられる時代になったのです。

 

ちなみに、施術に利用しているジェルにも美肌機能があるケースも少なくありません。

 

ビタミンCやプラセンタといったものを含めているケースも有り、メラニン色素などに対処してくれるわけです。

 

いままでは確かに、脱毛の施術を受けると黒ずみにリスクが固まってしまっていたかもしれません。

 

しかし、最近ではその心配もほとんどする必要はなくなってきました。

 

もちろんすべての脱毛サロンで対応しているわけではありませんが、いくつか黒ずみがあったとしてもVIO脱毛をしてもらえるような時代になったのです。

 

過去にVIOを自己処理していた名残で、黒ずみが発生している、といった方もいるでしょう。

 

そんな方も安心してくださいね。

 

 

■医療脱毛にも注目!医療脱毛であれば黒ずみがあっても対応可能なの?

 

・医療ニードル脱毛であれば黒ずみも関係なし

 

美容クリニックで実施されている医療脱毛の一つである医療ニードル脱毛に関しては、黒ずみがあったとしても利用可能です。

 

医療ニードル脱毛は、ハリを毛穴に通して直接毛根に電流を送ります。

 

その電流によって毛根を破壊する、といったことを実施しているのです。

 

医療ニードル脱毛は、黒ずみに反応してしまう、といったことはありません。

 

ですから、全く問題がないわけです。

 

ただし、医療ニードル脱毛には大きなデメリットが3つもあります。

 

まずは時間がかかる、といったことです。

 

毛穴一つ一つに対処していかなければならなので、何度も通わなければなりません。

 

永久脱毛ができると言っても、それなりの時間がかかるわけです。

 

費用についても注意すべきです。

 

医療ニードル脱毛に関しては、一般的な脱毛サロンでは考えられないほどの料金が発生することもあります。

 

永久脱毛なのでしかたがないと思うかもしれませんが、お金にも限度がありますよね。

 

最後に、痛みにも注目しなければなりません。

 

医療ニードル脱毛は電流を直接お肌に流すのです。

 

激しい痛みを感じてしまいます。

 

特に、VIOラインは痛みを感じやすいので、痛みに弱い方の利用はお勧めできません。

 

 

・医療レーザー脱毛であっても対処できるケースあり

 

日本人のお肌にあるシミ程度の色素の濃さであれば、特にレーザーが反応しない、とされているのです。

 

毛のように真っ黒なものでなければ影響を与えてないとされているのです。

 

ただし、確実に平気とはいえません。

 

医療ニードル脱毛と同じく、痛みもあります。

 

さらに料金もある程度は覚悟しなければなりません。

 

確かに、黒ずみのあるVIOに医療脱毛は利用できるのですが、いろいろ問題がある、といったことも理解しておきましょう。

 

 

■黒ずみがあるVIOも美白しながら脱毛できるサロンはどこ?

 

・ディオーネがおすすめ!

 

ディオーネは全国展開しています。

 

全国に100店舗以上もあるので、多くの方にとって利用しやすいサロン、と言っても過言ではありません。

 

ハイジニーナコースも用意されており、下半身を完全にすっきりさせたい、といった方からも選ばれているのです。

 

 

・ディオーネはなぜ黒ずみがあるVIO脱毛に適しているのか?

 

ハイパースキン脱毛を実施しているからです。

 

ハイパースキン脱毛は光脱毛の一つですが、コラーゲンの生成もできる機能が含まれているのです。

 

要はお肌の機能を良くしつつ脱毛もできる、といった脱毛を実施しています。

 

黒ずみがあると、脱毛だけの効果しかない施術マシーンでは、黒ずみをさらに悪化させてしまうことも考えられます。

 

しかし、ハイパースキン脱毛では脱毛をしつつも同時に、お肌をキレイにさせるような機能もあるわけです。

 

仮に脱毛でお肌が傷ついたとしても、すぐに美肌効果によってそのダメージを修復させるような感じになっています。

 

 

 

 

 

【脱毛し放題のある人気のサロンはこちら】

 

・キレイモ
キレイモの通いホーダイプランなら何度でも何年あけても通える永久会員制。
顔脱毛または光フェイシャルかを選べます。

 

 →詳しくはコチラ(キレイモへ)

 

 

・シースリー
月額定額で顔を含む全身一周が45分で完了。
脱毛品質保証書を発行してくれていつでも無償メンテができます。

 

 →詳しくはコチラ(シースリーへ)

 

 

・銀座カラー
支払いが終わってからも無期限で回数無制限の脱毛し放題。
1年で8回脱毛できます。

 

 →詳しくはコチラ(銀座カラーへ)




今人気の注目脱毛サロン実際行ってきました↓↓


全身脱毛女子